FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶望と希望と 

どうも、更新の間隔が空き過ぎたような気がします。

少し考え事をして、すべてにおいてやる気がうせていました。


そんな項垂れたこの3日間何を考えていたのか書き記しておきます。


誰が見ても面白い記事ではないと思います。






生物には三大欲がありますよね

睡眠欲、食欲、そして性欲

どれも重要なものです。一番最後が重要かどうかはわかりませんが。

まぁ重要じゃないにせよそれは欲です。


人間ってのは他の生物と違って

趣味とかそういうものがありますね


考えてみてる必要もないかもしれませんが


もし趣味が性欲に直結するものであるとしたら

それに勝れるものはあると思いますか?




俺は音楽活動を夢見てベースを毎日弾いています

理由ですが、音楽というものは

人に感動を与えられるものだと思うんです、俺も感動したから。

感動するのっていいですよね、喜々なものであれ、哀愁ただようものであれ。


んまぁそんな中今の時代って

誰もが知ってると思いますが、オリコンチャートとかの序列


ジャ○ーズとか、アイドル、萌え系アニメのアニソンまみれなんですよね


なぜここまで固執するファンがいるのか?


恐らく三大欲に直結するからなんですよね


歌がどうのこうのじゃなくて

かっこいい人を好むのは女の性欲として当たり前であり

かわいい子を好むのは男の性欲として当たり前です

アニメに関しては

心理学において瞳孔が大きく開いているのを魅力的に感じるのは

人間的に必然だと解明されているので性欲に直結することとなるでしょう。



さてここで考えてしまいました。

歌ってのは人間にとって必要でしょうか?


いうなれば絶対に必要なものではありません。


それでは性欲は?

人間が究極的に求める3つのうちのひとつなので、必要なのでしょう。


性欲に直結した何かが求められるのは当たり前なんです


ここで俺が言いたいのは


もし俺が音楽を本気で頑張ったとしても

三大欲に勝れるものを築くことはできないんです


これは俺がジャ○ーズやらアニメなどを否定しているのではなく

勝ち目のない頂点の物質として見出してしまった故に考えてしまったことです。



別に芸術分野は万人に受けるものではないから

誰かにとって俺が作る音楽が最高のものになればいい

そういう風に考えた時期がありました。

しかし、残酷なものなんですよね、お金がないと生きていけない世の中です

たった一人が感動する曲を作ったとしても一人にしか売れないんです。



それこそ万人が好む性欲に直結するようなものは純粋な歌では築けない。



元々無理だけどこんなこと考えるとなおさら萎えます。

そんなわけでベースに触れることすらしたくなくなった

そんな金曜日の出来事。







そして土曜日、アルバイトにて

いつものように夜8時頃ゴミ掃除をするんです。

すると毎度のことなんですが

燃えるゴミにカンやペットボトルつっこんだり

そういう人が多いです。

中年のおっちゃんに多いですね、燃えるゴミって、漢字読めないのかな


まぁそれは冗談として、結局面倒くさいんですよね

ひとまとめにして捨ててしまえば、楽。


思えばガキのイタズラも同じです。


やってるやつらには些細でも、処理する人にはすごい苦痛。


社会的視線で見ると色々腐った世の中だ、と思ったそのとき。

いつもやってることなのに、何か絶望すると変なことを考えてしまう。



そんななか日曜日、いつものように朝勤務。


朝10時ちょうどのことだった。


言いかた悪いけど性格の悪そうなデブメガネババアがきた。

俺は袋の入れ方にはかなり気を配る方で

ペットボトル何本の時はどんな詰め方、とか

常に考える男である。

そのババアが買ってた品は

午後の紅茶1本 いろはす3本 サンドイッチ2個 タバコ1個

12号サイズという袋を選び、ペットボトル4本を詰め

空きスペース3分の1にサンドイッチを四角形を作るように配置

タバコは4本のペットボトルにできる空間に詰める。


何でこんなどうでもいいことを語るか?といいますと


購入5分後後にババアが戻ってきた


変な顔している。


「あの、いろはす2本しか買ってないのに3本になってるんですけど」

レシートを見せて言う。

・・・


は・・・?


あまりに理解できない言葉に俺は眉をひそめる

俺「お客様・・・先ほど飲み物4本お買いあげになられましたよね?」

ババア「いいえ、3本です」

5分前のレジ内容なんて忘れるわけないし

しかもレシートだけ見せてきて肝心な商品もってこねーし

それにレジ袋の詰め方には一層こだわりを見せる俺


ありえない。なんだこのババア。


しかし店員という立場としては何も言えない。

お店もそれなりに混んでいるし時間をたたせるわけにはいかない。

すごい悔しいけど126円を返す羽目に。


後からオーナーさんに言ってみる。


すると、たまーにあるらしい。

そういう嫌がらせのような行為。

単純に言えば盗みとなんら変わりない。


こんなの初めて起こるようなものだと思っていたのにちまちまとあるらしい。




なんだ、社会こんなに腐ってんのか。




いや、良い人もいれば悪い人もいるということ、でしょうか


悪いことしても、悪いことにならない。

むしろ正しいことしてる人が悪いことになったりもする。

正直まっとうな生き方かもしれない。

いいことしようが悪いことしようが

うわべがよければ何も起こらない・・・

そういう考えがきっと多いんだろうな、と




人間の三大欲に負けを覚え

社会の厳しさを知る




ぶっちゃけ絶望

けどなぜか絶望しきれない。



なぜか

悪い人ばかりだけじゃないからなんですよ。

前述したようにひどいデブメガネババアもいれば

店員にさえも気を配るような人もいる。

なんでかそういう人は明るく見えるんです。


性格が顔に出る、っていうのは本当なのかもしれない。


俺もそうなりたい、明るい人間になりたい。

絶望し切っても、わずかな光を見出すような人になりたい。


そう思えばただひたむきに、なんでも頑張れる気がします。

絶望のうちに見えるわずかな希望に賭けてみたいって感じですね

何言ってんのかさっぱりですけど、そうとしかいいようがない。


だからベースもまたがんばってみることに、3日サボったけど。

正直勝てないものはたくさんあるけど

きっとわかってくれる人はいる、そういう希望をただ持っていたい。

バイトも今まで通り精を尽くしてみることに

厳しさを理解してくれる人は絶対にいる、そういう希望を持ちたい。


そしていつか俺は自分がなりたい自分になる、そういう希望をもちたい。



正直笑ってくださいよ


こんなくさい文章で。意味わからん文章で。


でも本音なんですよね


本音だから恥ずかしげもなくこうやって書けるんですよ


自分の夢とか希望とかを恥ずかしがってたら

自分否定してると、いや 人生否定してることになると思うんです



ようわからん文章ですが


絶望の中にも希望はあると思います。


もし諦めたものとかあったとしても


もう一度自分を見つめ直せばいかかでしょうか。


挫折や諦めとは単なる道のりにすぎないと思います。


うん、だからこうやって俺も今絶望だーのやれなんの考えてる。

これも少しずつ進んでいるだけなんだろうと思います。


はぁ

本当につじつまのあってない文章だけど


なんかスッキリした。ガムシャラにがんばるか。



「一心不乱」



この言葉がこんなに好きになる日がくるとは思ってもいなかった。


スポンサーサイト

コメント

ながーいコメントかいたらはじかれたよ!w

うちにも来るよ、そーゆ客
商品持ってこずもせずにレシート持ってきて年を利用したかのようなクッソババアが。

おそらく商品持ってきてくださいっていっても1本抜かれてるんだろうから店員からしたら何もいえないっていう。

そのババアマジうざいな。ぶっ殺したく(略

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyobobgyo.blog113.fc2.com/tb.php/542-7c632ee9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。